スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯開幕~ブラジル対クロアチア~

我々の間で密かにトトカルチョが行われている

優勝国を予想し、見事的中させた者がそれぞれからWebMoney1万円分を頂くというものだ

ではそれぞれが賭ける優勝国を記していこう



セト:イタリア

さち:ドイツ

ピッツ:日本

アメ公:アメリカ

G:体調不良により棄権

そして俺はブラジルwwwwwwww



周りからはセコい!と非難轟々だが、ファーストチョイスは譲ってあげたから関係無し!

本音を言えばアルヘンとかスペインとかを選んでも面白かったんだけど、

こういうのって王道に賭ける人が居ないと実は盛り上がらない!



そんな私の予想国、ブラジル対クロアチアでW杯の開幕を迎えた

クロアチアは我らマドリディスモのモドリッチが居るし、

ブラジルにはマルセロが居るのでどちらも応援しておりました

ネイマール?バルサ退団して代表に全てを注げば?


ブラジルはフルメンバーで臨み、クロアチアはエース:マンジュキッチを欠く

序盤から自陣に引きつつカウンター狙うクロアチアに対し、

ボールを持たされるブラジル

前半11分 クロアチアのクロスがFWの足に当たり、若干イレギュラーとなったボールを

クリアしようとしたマルセロが自陣ゴールへシューーー!!

オウンゴールとは言え1点を先制したクロアッチーアだが、

ブラジルも徐々に形を作って行き、ネイマールがゴール隅へシューーーー!!

さすが代表時のネイマール!ゴールを決め、同点!




そして後半に入り、疑惑の71分

PA内でブラジルのFWをクロアッテーリのDFが両手で相手を掴み妨害行為としてPKを献上!

キッカーはネイマール 独特の意味わからんセコいステップでGKを翻弄し、

キーパーも手に当てたがネットを揺らす

これでブラジル2-1クロアチア



その後は攻撃を仕掛けて良い形を作り、惜しいシーンも多くあったクロアテーノだが

最後の最後を決めきれず、逆にオスカルにダメ押しの3点目を許して3-1でブラジルの勝利

まぁあまり試合内容は詳しく書かないけど、何点か書く


・審判団

今回の開幕戦は日本の審判団が務めるということもあって、

判定も気にしながら観ておりました

開幕戦の審判というのは今大会の基準を示すわけで、

どういう接触やプレーがファウルを取られるのか、

その線引きを表すということになる

試合を通してみると、”流す審判”というよりは”(ファウルを)取る審判”だった

その為、選手は接触に関していつも以上に配慮する必要がある

この辺りはプロの選手なら当然意識していたはず

今回当事者となったクロアチアのロブレンは、普段プレミアリーグでプレーをしている

このプレミアリーグはジャッジが非常に緩く、多少の接触はオールスルー

今回のホールドもプレミアなら流していたところだと思うけど、

W杯の開幕戦で何の基準も出ていない中であのプレーは迂闊だ、というのが私の感想

前半から後半に入って70分も時間が経過しており、ある程度の線引きはされていたはず

では何故掴んでしまったのか、突発的な状況や危機的状況において

人間は直感や経験を基に咄嗟に動いてしまうものだ

今回はPA内の相手FWにボールが入ったところで焦ったロブレンは、

普段プレーしているプレミア式ファウルをしてしまったのだと私は思う

当然クロアテンテン側は抗議をするも、判定は覆らない

各方面でもこの判定は話題になり、賛否両論のある疑惑の判定となった

はっきり言うとグレーゾーンなのである

とある経験豊富な審判に意見を求めればPKを与えるべきでは無かったと述べ、

違う審判に問えばファウルを取ってもおかしくないと言う

映像を見るとFWもあんな倒れ方をする程力が加わっていたかと言われれば疑問だが、

両手はしっかりと相手選手を覆ってもいるし、非常に難しい

なおかつ我々はリプレイ等で確認出来るが審判はその場で瞬時に

判定を下さなければならないので、大変苦労する役回りである



現段階ではどちらが正しかったのかは分からない

今大会においてFIFAから全試合の判定を厳しくすると事前に通達があったのかもしれない

いずれにせよ今後の各試合を通して判定を見なければならない




今メキシコ対カメルーン戦を見ながら書いてるけど、

こっちのほうが問題の判定ばっかじゃねーかw

メキシコ3点くらい損してるぞおいwww

まぁでもファウルは結構取ってるから今大会はカチカチに行くんかね?

てかクロアチア結構強かったし、実は1次リーグ突破すんじゃねーのかなと思ってまーす

なんにせよ、ブラジルが優勝すれば何でも良いよ!

日本?あんま期待できねぇ。。。


スポンサーサイト

レアル・ソシエダとのアウェー

CL後の中2日ということもあって、半サブメンバーでのアウェー戦

なかなかソシエダのDFを崩せず、「これ負けるかもー」なんて思った矢先の

ベンゼマ鬼シュートをGKが弾いてイジャラのごっつぁんゴールで先制!



後半は先制され攻めなければならないソシエダの空いたスペースを

ベイルのゴリ押しドリブルで徐々に形を作れるようになり、

相手GKのパントキックを直でもらったベイルがそのままミドルで理不尽ゴール!

その後はCKでペペがゴールしさらに1点を加え、途中出場のディマリアから

神スルーパスを受けた同じく途中出場のモラタがGKとの1:1を決めて終戦


いやーディマリアほんとエグいわ ドリブル無双は見れなかったけど、

モラタへのパスはめっちゃやばいだろwwww

ぶっちゃけモラタ外すかなー?なんて思ったけど決めれて良かった良かった

ディマリアはまじで必要不可欠ですわ

CR7とかの点決めてくれるFWが居れば後はドリブルで抜いたり、

直でパス出してアシストできる最強男

昨季のサイドから中央に移ったおかげでパスに角度がつけられたり

ドリブルの選択肢が増えてコンバートして良かったって感じだわ



でも今のチーム状況だと、FW陣の控えが薄くて、

本当にヘセの怪我が悔やまれるな

モラタに期待するしかないのが何とも・・・

いや、モラタならきっと良いプレーを見せてくれるだろう・・・!

もっと自信もってプレーするんだ!!


ソシエダ戦はまとめると前半から後半にかけてのラッキーなゴールで楽になって、

やっと自分たちのペースに持っていけるような感じだった

結果だけ見ると4-0だけど、先制点が入るまでは負けそうな雰囲気あったぞ!

あとは移籍金の額はさておき、ベイル獲得して良かったわ

足速すぎだろwwww

痛い敗戦

5時からのクラシコに備えてめっちゃ早寝しましたどうも



さて結果から言うと バルサ4-3レアル の痛い!痛すぎる敗戦!

ホームで退場者1名と2回もPKを与えるってどうなってんの!

CR7のPKも怪しい判定だったしネイマールをとやかく言うつもりはないけど、

レッドは厳しすぎやしないか…



レアルは守備が乱れて何回も裏に抜けられて決定機を作ってしまいました

イニエスタはさすがと言ったところ!

一方のベンゼマは2点決めたものの、2回決定機を外していましたね

どっちか入れていれば…というたらればの話になってしまうが、

CL、リーガ含め大事な試合が連続するわけで、

取りこぼしだけは無いようにしないと、足元を掬われてしまいます



そしてディマリアさいつよ

病み上がりとは思えないようなクオリティー!

攻守に渡り活躍してくれたレアルの宝刀!



首位陥落してしまいましたが、上位3チームが勝ち点1差で

競り合うリーガ! 激アツです

要チェックや!!!


CL!クラシコ!

ArcheAgeですけど、唯一の稲妻両手刀をエンチャントしぶっ壊したので、

もうINすることも無いかなー まぁ辞めるつもりで叩いたし問題なっしんぐ



さちこと被るんだけど、CLの抽選会がありまして、

マンUvsバイエルン

レアルvsドルトムント

バルサvsアトレティコ

チェルシーvsPSG


さちの理想↓
>で、俺の理想のBEST4はですね・・・マンU()、ドルトムント、アトレティコ、チェルシー。
>つまんねーとか、絶対無いとか言わないでください!!!!!あくまでも私個人の希望なんで!

彼のブログでバカにしてやりましたけど、

なんというかさちらしい考え方、日本人らしい考え方ですね

強者に挑む弱者を応援する、大番狂わせを期待するみたいな

何が起きるかわからない、それがフットボールです!



そういう意味では今季のアトレティコは象徴的なチームになりました

バルサ、レアルの2強に割って入り、今ではバルサを抑えてリーガ2位!

ぶっちゃけバルサよりアトレティコの方が怖いっす

いくら良い選手が何人居ようと、基になる戦術が無ければ機能しません

そして戦術を組み立てるのは監督の役目

監督が変わって強くなったアトレティコと、監督が変わって弱くなった

マンチェスターユナイテッド

監督が代わるというのは選手が代わるより影響力が大きいわけですね



それと今シーズンのレアルは、ベイルの加入がありました

これまで30試合に出場し14G15A!移籍金に見合うかどうかはさておき、

獲得は成功であると思います

攻撃陣はCR7を中心に下に降りて来てボールを受け、ポストも出来るベンゼマと、

右サイドを持ち前のスピードで駆け上がり、ラストパスの供給

そしてミドルレンジからでも得点できちゃうんです



去年までのディマリアが務めていたポジションですが、

ベイルが穴を埋めたおかげでディマリアの立ち居地が無くなったかと思いきや!

そのディマリアをインサイドハーフにもって来ることで、

守備しないロナウドのスペースを埋めつつ攻撃にも参加でき、

BBCトリオ+ディマリア・モドリッチという厚みのある攻撃が出来る

アンチェロッティの手腕が光るシステムである



穴があるとすれば、スタメンの能力が高すぎる為、

サブに同じことを期待出来無い

イスコが同じことを出来るかと言えば難しいし、イスコの良さが無くなる

まだまだ発展途上の為、一人代わるだけで上手く回っていたボールも回らなくなるってのが

結構多かったので、今後はそこをどうするのか期待したい



レアルのデシマ達成はそう遠くないと思います

今年は一味違いますが、バイヤンに比べてチームの成熟度がまだ足りないかな、

というのが本音です

今年無理なら来年頑張ればいい 毎年期待できるチーム

それがレアルマドリード!!

まずは目の前のドルトムントを倒してBEST4へGOGO!




あ、あと僕の予想ですが、

バイエルン・レアル・バルセロナ・PSGです

決勝はレアルvsバイエルン!

普通過ぎるか!?


テーマ : ArcheAge
ジャンル : オンラインゲーム

不況の中、布教する富強ども

マドリディスタの皆さん、こんにちは




プロ野球とかは18時からやっているのでニコ生とかの実況を

観ながら飯食い酒を飲み、一人で騒ぎながら観るのが好きなんだけど、

海外サッカーって始まる時間がすっごい遅いから、

徹夜なんてすると生活リズムが狂うわけ

レアルマドリーが好きではあったものの

深夜・早朝に起きて試合観戦なんてのは考えられない!

要するにそこまでの熱意ってもんが無かった



たまたまインターネットの波をサーフィンしていた時に、

レアルの戦術なり個人能力なりを解り易く事細かに分析しているブログに遭遇し、

気付けばそのブログの全記事を読破してしまった

そのブログに出会うまではC.ロナウドにばかり目を向けていたんだけど、

アロンソやDF陣のロングフィード能力、モドリッチ・ディマリアの

ビルドアップなど、現在のマドリーが強い理由が色々とわかった

そうなると実際に試合を見ながら選手一人ひとりの細かいプレーを

観てみようって気になり、すっかりレアルの試合時間に合わせた

ライフスタイルになったのだ!



開始時間が3~4時であれば、21時くらいにはもう寝てるし、

それ故にゲームなんてする時間も無くなるし

ArcheAgeも全くやっていなかったし、

試合のある日はガッツリ夜寝て早起きして菓子を食いながら

じーっと画面を見続けるんだけどこれがなかなか面白い




そしてCLっていう欧州クラブのNo.1を決める大会があるんだけど、

ベスト8まで絞られてきて今かなーーり熱い

昨季王者のバイヤンは順当として、レアル、バルサ、チェルシーもさすが

アトレティコの今季の勢いを見るとこの辺りも当然って感じだろう

そして残る3枠はマンU、PSG、ドルトムントでフィニッシュ

セリエ勢の全滅はリーグ自体のレベルも下がってきてるし、しゃーない

結果はリーガ3、プレミア2、ブンデス2、そしてPSG

抽選結果によるが、決勝はレアル対バイエルンかなー



そして今季のレアルの特徴として、カンテラの選手を頻繁に使うようになった

カンテラってのは言わば2軍の組織みたいなもんで、

横浜DeNAで言えば湘南シーレックスみたいな感じ

注目はイスコ、モラタ、ヘセの3選手

イスコはドリブルもパスもフィニッシュも出来るトップ下タイプで、

モラタは典型的なボックスストライカー、ヘセはスピードとドリブルが持ち味の

CR7に近いタイプ



イスコは能力十分なんだけど、無駄なプレーも結構ある

まだ若いから、これからを大いに期待できる

モラタも同様に良いプレイヤーなんだけど、メンタルが弱く自信無さそうに

プレーしている ミニズラタン頑張れ

この中でもヘセは頭一つ抜けてて、CR7が出場停止中に代わりに出場し試合で点決めたり、

調子良くて将来に期待出来ると思っていた矢先に前十字靱帯断裂…



ヘセみたいなタイプがこの大怪我っていうのはかなり致命傷で、

以前のようなスピードが出せなくなる、そしてキャリアの中で一番大事な

時期に半年~1年の離脱を余儀なくされ、自分がこれまで当然のように出来たプレーも

出来なくなる可能性が高いってのは凄く厳しい




ただ、ファンニステルローイも若い時期はスピードを生かしたプレイヤーで

ボックスストライカーではなかったんだが、

同じ怪我をしてプレイスタイルを変えてレジェンドになったタイプなので、

同様の道を辿って欲しいと願うばかり 一番は以前のようなプレーが出来ることなんだけどね

はぁ、CR7の後継者候補だっただけにめちゃくちゃ残念だわ…

まぁ蘇って輝くのを期待する!



あとは監督がモウリーニョからアンチェロッティに変わり、

システムも色々と試行錯誤して機能したのが4-3-3

前線はCR7、ベンゼマ、ベイルの最強クラスのFW陣に

ガンガン攻撃に絡んでいくサイドバック、

そしてビルドアップから守備までピッチを走り回るディマリアとモドリッチ

その空いたスペースを埋め、後方から前線、右から左とロングフィードをこなすアロンソに

ラモスを主としたDF陣

このシステムにしてから安定した試合展開で、昨季のようなひたすら守って

カウンターよりもポゼッションしながら組み立てて行くので観ていて面白い

もちろんカウンターも出来るので、オプションが増えてより一層強いチームになった

24日のクラシコが非常に楽しみだ!



あとは選手個々に触れると、CR7はさちと話してたけど歳を重ねるごとに

クオリティ上がってて笑った 毎試合1点は計算出来るので、

なんだかんだCR7さん頼りになりますわ

個人的にはレアルで現役を終えて欲しい



ベイルはリーガにもチームにもフィットしてきてる

スピードあってパスの精度も高く理不尽ミドルもあるし、

これからもっと成長してくれることを願う




ディマリアは本来のポジションから遠いところでの役割を押し付けられてて

「移籍しちゃうかなー?」なんて思ってたけど、彼自身はレアルでプレー出来て

出場できるならどこでもやるっぽい てかユーティリティー性高いくせに

クオリティ高いっていう地味な化け物


モドリッチは今や必要不可欠な選手になった

細かいテクニックと戦術理解度の高さ、全てにおいてポテンシャル高い

ディマリア、アロンソと並んでレアルの心臓の一つ




そして今一番心配なのが、アロンソの後釜

年齢的に、そろそろ後釜が現れないとレアル的にかなり痛い

そしてアロンソのような唯一無二の選手はそうそういないので、そこもまた痛い

色々と考えては居ると思うので、どの選手に委ねるのか期待したい



先述したヘセ、モラタ等のカンテラ組

ヴァラン、カゼミロ等の移籍組

そしてこれから先獲得されるであろう選手達を含め、

次世代のレアルの未来はなかなか期待出来そうだ

ってかクラブの資金力的に、チームの戦術と獲得する選手さえ

間違えなければ強いに決まってるわw



テーマ : ArcheAge
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

ゾフィ

Author:ゾフィ
黒い砂漠
名前:Zophy 家名:phy
職業:ソーサレス
ギルド:Echelon
鯖;C鯖 4chメイン

Blade&Soul
名前:Zophy
種族:クン族
職業:剣術士
門派:Echelon
鯖:牡丹

ArcheAge
名前:Zophy
種族:エルフ
大陸:ヌイア大陸
遠征隊:Orcinus Orca


大航海時代Online
名前: Zophy
所属国:イスパニア
所属:Echelon
2005~2013/7/10
2014/4/16~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。